遺品整理の仕方

\遺品整理でお困りなら/

トップページ > 京都府

「遺品整理を自分でやるつもりだったけど想像以上に大変…。」

そんな方には、遺品整理を専門に取り扱っている業者に依頼するのがおすすめです。

当サイトでは京都府にお住まいの方に、安心して申し込みできる遺品回収業者をご紹介しています。

遺品整理でお困りではないですか?

今現在の生活圏とは遠く離れた実家だったり、お申し込み者の方ご自身の体力の問題もあったり、いろいろな理由で遺品整理を申し込むケースが増えています。

しかし、遺品整理はトラブルになるケースが多く知らないと損してしまいます。

  • 自分がやらなきゃと思ってやったが、後でなぜ捨てたのかと親族に問い詰められた。
  • 賃貸で早く片付けてと頼まれたが価値あるものを捨ててしまったようで遺産トラブルになった。
  • 頼んだ業者がいい加減だった。

というものが多いようですね。

少し整理すると、法律による相続に関する問題、賃貸などの場合は不動産会社や大家さんとの関係、場合によっては特殊清掃が必要になる、業者の信頼性の問題などになります。

特に勝手に処理してしまうということをやってしまうと、親族間の遺産トラブルに加えて、故人に借金があった場合に相続放棄できないというリスクもあります。

このように、遺品整理は知らないとトラブルになることがとても多いんです。

さらに、ライフスタイルとして核家族化が進み、お一人で亡くなってしまうことも珍しくないですし、昔のように実の親のことは遺族が行うものだ。ということも難しくなりつつあります。

ですから、今の時代に適切な遺品整理をする手段として専門の業者を選ぶことが必要になってくるのです。

実際の手順としては、相続人が全て確定しましたら遺品整理の専門業者選びをまとめてやってくれるサービスを使うとより安心です。

当サイトでは、ライフリセットみんなの遺品整理をご紹介しています。どちらも全国の遺品整理対応業者を見つけてくれるサービスで、無料で見積もりを取ることができます。

ライフリセットがよく選ばれていますが、みんなの遺品整理は情報公開を積極的にしているので人気急上昇中です。時間的に余裕がある方は公式サイトをじっくり見てみるのもおすすめです。

気になる料金相場ですが、お部屋の状況によるのであくまでも一般論ですが、単純な片づけだけで終わる場合であれば、アパートやマンションの場合は一部屋あたり3万円から5万円。一戸建ての場合はそれに加えてもう少し高め。というのが相場のようです。

実際の金額は、ライフリセットみんなの遺品整理で申し込めば、お申し込みの地域に対応する専門業者の中の3社程度から相見積の形で無料査定してもらえますのでご安心ください。

生活ゴミや下着類など日用消耗品などのお片付けができたら、お値段がつけられない大切な思い出(写真アルバムなど)などを整理したり形見分けなどをゆっくりと行いましょう。全国対応の出張買取サービスを利用して無料査定・鑑定してもらうのもおすすめです。

遺品整理年間3千件
\最短即日対応も可能/

全国各地に完全対応
対応地域見積もり追加請求
全国
(京都府対応)
出張費無料
見積もり無料
事前確認
説明を徹底
  • 遺品整理の相見積が取れるから安心。
  • 遺品整理士認定協会の相談員が無料で応対。
  • 情報公開が豊富だから安心

【お申込みから料金確定までの流れ】
1、まず最初にお問い合わせフォームで相談の申し込み。
2、条件が確認できたら予定に合わせて最短即日で現場へ。
3、現地を確認した上で無料でお見積りと作業料金についてご説明。

【お支払について】
作業が完了したタイミングでお支払い。現金だけでなくクレジットカードにも対応。


全国対応!生きた情報が豊富
対応地域見積もり追加請求
全国
(京都府対応)
出張費無料
見積もり無料
業者による
要確認
  • お好きな査定・買取方法が選べます
  • その場で追加査定も
  • 着物や切手、古銭など幅広く対応

【お申込みから料金確定までの流れ】
1、まず最初にお問い合わせフォームで相談の申し込み。
2、条件が確認できたら予定に合わせて最短即日で現場へ。
3、現地を確認した上で無料でお見積りと作業料金についてご説明。

【お支払について】
作業が完了したタイミングでお支払い。現金だけでなくクレジットカードにも対応。


着物買取が特に注目
対応地域見積もり追加請求
全国
(京都府対応)
査定料無料
出張料無料
可能
キャンセル料無料
  • テレビCMでも話題
  • 需要増加に伴い着物買取強化中
  • 着物以外のブランド品や切手など幅広く対応
  • 申し込みや相談は電話もOK

【出張買取対応の一例】
着物(きもの、帯、和服、洋服、衣類、など)
骨董品(陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、など)
洋服(ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、など)
古銭(古銭、記念硬貨、古紙幣、など)
アクセサリー(金、プラチナ、指輪、ネックレス、など)
時計(ロレックス、オメガ、など)
ダイヤモンド(宝石、婚約指輪、結婚指輪、など)
お酒(ブランデー、ウィスキー、など)
毛皮(ミンク、チンチラ、など)
ブランド品(バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、など)
切手(使用済み、葉書、切符、ハガキ、年賀状、金券、など)

※一部の地域については郵便および宅配対応となる場合がございます。詳しくは申込時のご案内やオペレーターまでお問い合わせください。

まとめ

遺品整理を業者に依頼しようとお考えの方には、遺品整理が専門の遺品回収業者をおすすめします。

京都府の方向け知らないと怖い?遺品整理のQ&A

遺品整理をはじめる人が疑問に思うポイントや、トラブルの原因に関するQ&Aをまとめました。

Q.賃貸に一人暮らしだった親の遺品整理をするのですができるだけ早くやる必要がありそうです。葬儀が終わったらすぐにとりかかったほうがいいでしょうか?

A.まってください!遺品整理業者を呼ぶ前に手続きをしなくてはいけません。それは、「①遺言書の確認」「②相続人の確定」「③負債の確認」「④財産全体の確認」「⑤遺品整理をするご本人の相続手続き」「⑥すべての相続人との合意」をしないと、例えば借金が見つかったときに相続放棄できなくなる。といった事態になる可能性があるからです。①~⑥が終わってから相続をする人が遺品整理業者にお願いするという手順をとりましょう。みんなの遺品整理のこちらの記事も非常に参考になるのでオススメです。
はじめての遺品整理、どうすればよい? | みんなの遺品整理
https://m-ihinseiri.jp/article-service/beginner/

Q.遺品整理は長男の私がやる必要がありますか?そもそも誰がやるものでしょうか?

A.一般的なイメージで行動しないように注意が必要です。遺品整理をするのが誰かという問題ですが、古い歴史のある家だとご長男の方や同居されていた方がやるものだというイメージがあるかもしれません。ただし、これには注意が必要です。
整理をしている人にとっては要らないものだと思っていても、それが価値のあるものであれば相続人の間でトラブルになるでしょう。
さらに、一番気を付けなくてはいけないこととして、民法の相続財産の処分を行うと相続放棄が認められないという規定があります。真面目な性格で借金はないという方でも、誰かの連帯保証人になっていたというケースがあったりして、多額の借金があることは可能性として無いとはいえません。
同居人や長男が最後のお世話をするというイメージがあるかもしれませんが、そのイメージや周りの空気で手を付けたばっかりに相続トラブルに巻き込まれてしまうというのは、あまりにも救いがありません。
相続の全体像が確定して全ての状況が明らかになった上で、相続をする人の中で代表者を決めましょう。

Q.遺品整理で買取に出しても大丈夫ですか?

A.大丈夫ですが手順と他の相続人との関係にご注意ください。繰り返しになりますが、相続トラブルにだけは注意が必要です。故人の借金や連帯保証人も含めた相続財産の全体像が分かった上で、相続人全員の合意がとれてから買取に出すというのがトラブルの少ない手順です。不要なモノを処分したり清掃をしてもらった上で、買取になりそうなものは後日別の買取専門業者や古物商に持ち込むという方法もあります。

Q.思い出の品などが見つかったらどうなるのでしょうか?

A.打ち合わせで保存してもらうように頼みましょう。廃品回収業者などと違って、遺品整理業者であればこのようなケースにも対応してもらえます。例えば、写真アルバムなどが見つかった場合は捨てないでと頼んでおきましょう。遺品整理業者が自発的に分別してもらえる部分もありますが、やはりその判断はすごく難しく、当事者間の思い出の品となるとなおさら困難です。

Q.細かいケースで判断が出来ないのですがこういう場合は誰に相談するのがいいでしょうか?

A.専門家に相談しましょう。大手遺品整理のライフリセットや、みんなの遺品整理には相談窓口があります。相続関係の問題であれば街の司法書士や行政書士、弁護士事務所へ相談されることをおすすめします。

遺品整理の基礎知識コラム

絶対にこれは捨てられない!という大切にしている物はありますか?私の場合は愛犬の写真類は捨てたくありません。
ですが、もし私が亡くなった場合夫や子供は、遺品処分を始めないといけません。捨てたくないと思っていた物も処分されてしまうのは残念ですが、仕方ない思いもあります。
ですが、もし他の人に使ってもらえる機会があればうれしいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが買取業者です。
事前に家族に依頼するよう頼んでおくと良いかもしれませんね。祖母が住んでいた家を訪問し日用品や家具などを片付けていると多々悲しい思いになる事があり、気が滅入りました。遺品整理を始めるのは、四十九日以降なら悲しみも少ないと聞いたことがあるのでそれを実行してみましたがやはりまだ早かったようです。ですが、悲しい事ばかりではなく持ち物の中には私の写真や祖母の誕生日にプレゼントしたものなども出てきて今までずっと大事に保管してくれていた事を再発見でき祖母の愛情を再確認する良いきっかけにもなりました。故人が亡くなった場合、残されたご家族は遺品整理をしなくてはいけません。

しかしながら、悲しみに暮れる中でやるのはつらい事ですよね。

では、どのぐらいから始めるのが適切なのか?調べてみた所、ご家族の気持ちが落ち着く四十九日過ぎにされる方が多いようです。
ですが、これは持ち家だった場合のケースでもし、故人宅が賃貸の場合明け渡す必要があるのでもう少し早まります。その場合、いったんトランクルームに荷物を預けるなど考えながら動かれるご遺族もいらっしゃいます。

どちらにせよ、プロに任せるとより早く片付ける事ができます。


生前の品々を片している時神社やお寺のお札・お守りなどを見つける方も多いでしょう。



そういった物は、ごみにサッとすてる・・という事はしずらいものだと思います。
ゴミの処分に困ったら、遺品整理を専門に扱っている会社に依頼すると良いでしょう。業者は、故人の物を処分するだけでなく供養・お炊き上げをしてくれる所が多いです。
ちなみに、リサイクル可能な家電や家具に関しては買いとってくれる事もあります。相談のみならフリーダイヤルで出来る所がほとんどなので気になる場合はコンタクトを取ってみて下さい。仏教の世界では、四十九日を過ぎると魂が天にあげられると言われています。



この世に残されたご家族にとっても区切りのようなものですよね。
その後は遺品整理が残っていますね。
片付けるのは気が進まない事だと思いますが思い出の品々もあるのでご遺族にとっては心の慰めにもなりますよね。



片づけをするのは時間がかかる事だと思いますが残されたご家族と故人の思い出巡りと考えると楽しい事が蘇り、笑顔もでるのではないでしょうか。
整理品の中に故人の若かりし頃のアルバムを見つけ、新たな発見をした。という方もいらっしゃいます。

祖父の遺品整理をしていたら色々な思い出が詰まった品も見つかったのですが、契約書も多数出てきました。
祖父は仕事熱心な人でしたので事業もいくつかやっていたようです。



内容を見ましたが、さっぱりわからず先日、弁護士事務所に相談に行きました。ひとまず、契約内容が有効なのかどうかを調査してもらい必要な手続きの支持をもらいました。

私と両親では全く何もできなかったのでプロに任せて安心でした。
自分の身の回りを整理しようと思った時やる気が必要ですよね。

それが亡くなった家族の遺品整理だった場合、よりやる気と気合が必要になります。なんせ、普通の整理と違い、家丸ごと一軒分など大がかりな片付けになるからです。


その時のコツはあそこもここもやらなくては!と焦るのではなく今日はここ。



明日はここ。といった様に片付ける場所を決めてからやり出すと効率が良いです。



どこもかしこも手をだすと、二度手間になる事もあるので良い方法だと思います。
アパートでも同じ事が言えるので是非実践されてください。
親戚一同が祖母の家に集まり今後の計画を話し合う機会がありました。祖母が亡くなり、四十九日も無事に過ぎたので家や土地の権利、遺品整理についてそれぞれの意見を聞くためです。親戚一同の集まりは久しぶりでしたが話合いの話題がそれだったので少しシビアな雰囲気でした。また、よく遺産を巡ってのトラブル話を耳にするのでちょっと心配事が多かったのですが、そんな感じではなく皆が冷静に、祖母の事を思いやりながら話し合いができたので良かったです。

大事な家族が亡くなった時残された方々は遺品整理が待っています。
四十九日過ぎに始めるのが適切な時期の様です。
しかし、これは故人宅が一軒家だった場合の話で万が一、賃貸住まいの場合は、少し時期を速めます。
家族だけでやろうとする事も可能ですがもっと手っ取り早く済ませたい場合は、遺品処分業者に依頼するのが良いでしょう。

1部屋だけでしたら、数万円~依頼できます。


それ以上に荷物があるならトランクルームを一時的に借りてやり過ごす方法もあります。昨今は情報が取りやすいので、個人情報流出もしやすいですよね。自分がやっているSNSに写真を載せたら今自分がいる場所が解ってしまう。



といった怖い話も聞きます。この様な事にならないように、自分でしっかりとガードする必要があります。
遺品処分の時も同じようにしてください。
故人の経歴や住所・名前などが書かれた書類が沢山出てくるからです。


それらの物も個人情報流出になりかねないのでそのまま捨てるよりも、シュレッダーにかけるなどして対策をして下さい。契約書や権利書などの場合は弁護士に相談してから処分法を決定すると良いかと思います。

故人が大切にしていた物が多い場合は特に、遺品回収業者に一括見積もりをしてみると良いかもしれません。

京都府の方向け遺品整理のお役立ち情報

安心の遺品整理業者はこちら

京都府で安心の遺品整理業者なら